整理収納5つのコツをつかんでストレスフリーな暮らしを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

茨城県つくば市の整理収納アドバイザーこんまりこです。

あと5分で出かけなければいけないのに、あの書類が見つからない!(もー嫌になる!)

「ママー!スイッチのソフトが見つからない!」(えーっ知らないし)

またテーブルの上に出しっぱなしだしー(元に戻してよ!)

日々暮らしていると自分にも家族にもイラっとするようなこと、ストレスに感じることもありますね。

そういったことがなくなりストレスフリーな暮らしになったらどうでしょう?

ストレス‐フリー(stress-free)とは

[名・形動]ストレスがないこと。精神的緊張や体の不調がなく、穏やかであること。「ストレスフリーな生活」

物を失くしてしまう自分自身に腹立たしく思うことも減るでしょう。

片付けをしない家族の行動に対して苛立つことも少なくなるでしょう。

ストレスフリーな暮らしを送るために整理収納は大いに役に立ちます。

整理収納が上手になる5つのコツを活用してストレスフリーな暮らしを送りましょう♪

 

1.まずはここから整理収納の基本のやり方

整理収納を始めるにはまず「何のために」にその場所を整えたいのか目的と意図をはっきりさせましょう。

整理収納はたったの3ステップで出来てしまいます。

ステップ1 全部出す

クローゼットの整理をしたいなら、Tシャツ全部、スカート全部のように1つのアイテムの中の全部を出します。

若しくはこの引き出し1段のように区切られた範囲の中での全部を出します。

ステップ2 分ける

分け方は2種類あります。

1つ目はアイテム、使用頻度などグループに分けてからグループごとに要・不要を分けていく方法です。

2つ目は全部出したものを1つずつ手に取り要・不要を分けてからグループに分ける方法です。

その物によってやりやすい方を先に分けていけばOKです。

要・不要を分ける基準は「物の役割」と「私らしさ」で判断していきます。

ステップ3 置く

ステップ2で分けたものを取り出しやすくしまいやすいように置いていきます。

これで完了です。

まずはこの3ステップをマスターしましょう。

もっと詳しくこの整理収納の基本のやり方を知りたい方はこちらを先にお読みください。

整理収納基本のやり方|簡単3ステップをマスターしよう!

部屋をきれいにスッキリ整えたいなら片付けではなく整理収納をするのが1番の近道。簡単3ステップで出来る整理収納の基本のやり方をマスターして理想の部屋で暮らす1歩を踏み出しましょう!

 

2.整理収納が上手になる5つのコツ

料理、洗濯、スキンケア、ダイエット、運動・・・

何にでも基本があってさらにそれが上手くいくためのコツがあります。

コーヒーの淹れ方1つにも、飲みたい杯数分のコーヒーの粉を入れて、お湯を全体に少量注ぎ少し蒸らしてから分量のお湯を注ぐ。

これでコーヒーは飲めるけれども、お湯の温度、注ぎ方、使うやかんなど美味しくいれるコツがいくつもありますね。

整理収納も同じ。

基本のやり方はあるけれども、さらに整理収納が上手くいくコツがあります。

今回はその中でも特に重要な5つのコツをつかんでストレスフリーな暮らしにしていきましょう♪

整理収納コツ1 適正量

靴は何足持っているとちょうどいいですか?

私はパンプス2足、フラットシューズ2足、スニーカー1足、サンダル2足、ブーツ2足の計9足あるとちょうどいいです。

一方私の主人はサンダル好きなのでサンダルだけで7足、スニーカー4足、ビジネスシューズ2足、スポーツ用シューズ2足、登山ブーツ1足と計16足がちょうどいい適正量なのです。

適正量とは自分のライフスタイルに合った必要な物の量のことです。

持っていたい数が人と違ってもOKなのです。

菜箸だったら何本持っているのがちょうどいいですか?

料理をあまりしない人、調理中でもささっと洗って使えばいいという人は1本でもいいかもしれませんね。

予備も1本あったらいいかなと思ったら適正量は2本になります。

一汁三菜が基本でその料理によって菜箸があった方が良い人は4本、さらに予備が1本あった方がいい人は適正量が5本です。

大事なのは自分のライフスタイルに合わせて自分で適正量を決めること!

適正量のスキルが身につくと自分にとっての必要なものの量が明確になるので、買い物の仕方が変わります。

無駄に物が増えることがなくなり、年末の大掃除に一気に片付ける必要もなくなっていきますよ。

整理収納コツ2 動線

物を使用するときの動線を意識して物を置いていますか?

例えば料理をするのにコンロの近くに木べらやお玉、菜箸があるとさっと炒めたり、料理をよそったりできますね。

トイレにトイレットペーパーを置くように、自分ではそこまで考えていなくても当たり前のように動線を意識して物を置いている場合も多いと思います。

物が散らかる、しまう時に面倒臭さを感じる場合はこの動線から外れている場所に物が置かれている可能性が高いです。

「子どもが文房具を使ったままダイニングテーブルに置きっぱなしで困っている。」というご相談を受けた事があります。

文房具の置き場所を聞いてみたところ、2階のファミリースペースにあるとのこと。

ダイニングは1階です。

いやーこれはお子さん元の場所に戻せません!

私もこれは面倒!

奥様の希望はダイニングは食事だけをするスペースにしたい、だから物を置きたくないとのことでしたが、現状はちょっと書き物をしたり、お子さんが宿題をしたり、絵を書いたり工作したりするときにダイニングテーブルが使われています。

よく使うものは、使う場所の近くに置き場所を作ってあげる方が散らかりにくいし、元に戻しやすくなります。

整理収納コツ3 使用頻度

整理収納の3つ目のコツは使用頻度を意識することです。

引き出しならばよく使う使用頻度が高いものが手前に、時折使う使用頻度が低いものを奥に置きます。

棚の場合は腰高から目線の高さに使用頻度の高いものを置くと、取り出しやすくしまいやすいです。

目線より上のところに使用頻度が低く且つ軽いものを。

腰高よりも低い位置には使用頻度が低く且つ重いものを置きましょう。

衣類をタンスや衣装ケースに季節ごとに分けていれる場合はオンシーズンのものは常に1番取り出しやすい位置に置くと普段から使いやすいことに加え、衣替えも引き出しの位置を変えるだけで済むのでおススメです。

整理収納コツ4 グループ化

物を置く時にグループを意識して置くと効率がアップします。

例えば印鑑と朱肉と印鑑マットをグループにして1つのトレイに入れる。

その隣に通帳を置いておけば銀行に行くときもスムーズに用意できます。

この他にもスポーツジムに通っている人はスポーツバッグにウェアやタオル、会員証などをジムで使う物をセットしておけば行こうと思ったときにすぐに出掛けられます。

子どもの習い事の物も同様にできますね。

その他にもデジカメと一緒にACアダプターとUSBケーブル、メモリーカード、デジカメケースを一緒にしてしまうなどグループ化できるものはグループにしてあげると良いでしょう。

整理収納コツ5 定位置管理

物にもお家を作ってあげましょうということです。

探し物が多い人はこの物の置き場所が決まっていないことがとても多いです。

また物の置き場所が決まっていないと、どこに物を戻していいのか自分も家族も分かっていないので物があちこちに散乱して部屋が散らかる原因にもなります。

定位置管理に有効なのがラベルをつける方法です。

ラベルがあることで、探し物も減り、物を使った後も元に戻すのに迷いがなく戻せます。

文字のラベルだけでも十分ですが、写真を撮ったり、イラストを描いてラベル管理すると手間はかかりますが、ビジュアルとして印象に残るのでとても有効です。

子どもがおもちゃを自分でしまいやすくなります。

そして大事なのは定位置を決めたら家族にもそれを周知すること!

置き場所を変更したらそれも家族に伝えること!

そうすることで自分だけではなく、家族にとっても使いやすく、探し物が減り快適な暮らしになっていきます。

探し物が多い、無駄なものを買ってしまう、家事の効率が悪い、物がとりだしにくいと感じる時はこの5つのコツを意識して、適量を持ち、物の置き場所を見直していきましょう。

3.5つのコツを使った実例

実際5つのコツをどう使っているのかを我が家の食器棚のお椀が入っている引き出しを例にみていきましょう。

コツ1適正量

5人家族なのでお椀5つ、小鉢5つ、ココット5つ、サラダボウル4つ、スープカップ2つ、お茶碗10個!

必ずしも5つ揃っているわけではありません。

お茶碗でいえば普段使いが1人1つで5つ、主人がたくさんご飯を食べたい日には大きな茶碗、その他予備の4つのお茶碗はとても使いやすく、食洗器との相性もいいので普段は野菜を切ったものを入れるボウル代わりに使っているので計10個が我が家の適正量です。

自分のライフスタイルに合った量が適正量です。

コツ2動線

食洗器を引き出して1歩も動かずしまえるようになっています。

コツ3使用頻度

ここには毎日のようによく使う食器を入れているので腰高の使いやすい位置にいれています。

 

コツ4グループ化

引き出しでグループ化をしていています。

お椀や小鉢、ココットなど少し深さのある食器を1つの引き出しにまとめています。

その隣の引き出しには小皿から20cmくらいまでのお皿をまとめています。

コツ5定位置管理

どこに置いていいのか分かるように引き出しにシートを敷き、その上にラベルをつけています。

このようにすると人によってしまう場所が変わるということを防ぐことができます。

 

4.整理収納でストレスフリーな暮らしを

整理収納上手になる5つのコツをつかむと探し物が減り無駄な時間を浪費したり、物をきちんと管理できない自分自身にイライラすることが減ります。

また動線がよくなることで家事の効率がアップします。

物を取り出しやすくしまいやすくなるので、家族も物を元の場所に戻しやすい環境を作ることができます。

このように日常生活の中でストレスになっていたことが整理収納によって改善されていきます。

「いつも決まった洋服しか着ていなかったのに、衣装ケースが整理されて色々な服を着まわせるようになりました!」

「買い物をする時に1回立ち止まって本当に必要か考えるようになって、無駄な物を買わなくなりました!」

「ただ闇雲に部屋を片付けるのではなく、目標は?わたしはどうしたい?わたしの基準は?と自分に問いかけながら楽しんで部屋づくりをやっています!」

「めっちゃ整理したら、いつも何かやらなきゃーって追われている感じがなくなりました!!」

整理収納レッスンやコンサルを受けた方たちはどんどんストレスフリーな生活に近づいています。

少しの生活の変化が積み重なって、振り返ると整理収納をして暮らしが変わっていたということは十分ありうることです。

整理とは快適に生きるための本質的な方法論。

捨てる勇気が価値観を研ぎ澄まし本当に大切なものを導き出す。

アートディレクター佐藤可士和

 

片付けでよりよい未来が選べ、人生を思い通りに操れる。

メンタリストDaigo

 

整理収納上手になる5つのコツをうまく使って、ストレスフリーで本当に自分が望む暮らしを手に入れましょう♪

5.まとめ

ストレスフリーな暮らしを送るために物の整理収納をすることは大いに役に立ちます。

まずは基本のやり方を押さえた上で整理収納上手になる5つのコツを活用していきましょう。

5つのコツとは

  1. 適正量
  2. 動線
  3. 使用頻度
  4. グループ化
  5. 定位置管理

です。

5つのコツを取り入れると時間的効果、経済的効果、精神的効果の主に3つの効果も得られます。

ママがストレスフリーで笑顔でいられる時間が増えれば、子どもたちも笑顔が増えます。

それをみたご主人も嬉しくなって家族みんなで家にいるだけで幸せな暮らしが送れるようになりますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

整理ライフ*メールレター

片付けなきゃなとは思うけれどいつも家事に育児に追われている。

オシャレな部屋に憧れるけれど、どうもいまいちパッとしない部屋。

もっとスッキリ整った部屋で家族と楽しく暮らしたいのに・・・

もっと自分の楽しみの時間だってほしい・・・

日々の生活の中でそう思うことはありませんか?

このメールレターでは、ほぼワンオペ育児で3人の子育て中の私が実践している

◆理想のお部屋に近づく物と空間の整理収納法

◆家事も育児も自分の時間も楽しむための時間の整理法

◆家族とハッピーに暮らすためのコミュニケーションのコツ

をお届けします♪

登録は無料なので、興味がある方は詳細ページをご覧ください。

 


メールレターの詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA