物を減らす方法とコツを知って5つの効果を手に入れよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

茨城県つくば市の整理収納アドバイザーこんまりこです。

今回は「物を減らす」というテーマでお話していきたいと思います。

物が多いのは分かっているけれど、減らせない。

いざ片付けをしようと思っても、物が多すぎてどこからどうやっていいか分からなくて止まってしまう。

物を捨ててみたけれど、また気付けば物が増えてしまう。

片付けが苦手な人の多くはこのような悩みを持っているように思います。

物を減らす方法を知ってやってみる、コツをつかんでやってみることで5つの効果を手に入れることが出来ます。

物を減らして本当に自分がしたい理想の暮らしへ近づいていきましょう!

1.物を減らす方法

物を減らす方法としては主に捨てる、譲る、売る、リサイクルに出すこの4つが挙げられます。

1つずつみていきましょう。

1-1捨てる

物を減らすのに避けては通れないのが捨てるです。

物を捨てる時の基準はその物の役割通り使っているかどうか、それを持っていることで私らしい気持ちでいられるかどうかで判断します。

マグカップを例にすると飲み物を飲むという役割をもう何年も果たしていない、ちょっとサイズが大きくて重くて飲みにくいんだよなと感じる。

物を役割通り使っていない、それを使っても嫌だなという感情が出るとしたら思い切って手放しましょう。

手放す方法として捨てる以外に思い当たらないのであれば、感謝の気持ちを込めて捨てましょう。

もしこの時にどうしても捨てられないのであれば、自分が何に引っ掛かっているのか考えてみてください。

これ高かったんだよな、今は売っていないんだよなとその物に対して執着している場合があります。

そのような時はそれを買った日に戻れたとしたらやっぱりそれを買うかな、どうかなと自問してみてください。

また要らない、なくてもいいとまでは判断が出来るものの、ゴミ箱に、ゴミ袋に捨てられないという人もいます。

そのような人は捨てるという行為に対して罪悪感を感じています。

捨てることに引っ掛かるのであれば原点に戻って何のために物を減らしたいのか思い出してください。

物を大切にするとは物を持ち続けることではなく、物をその役割通り使うことだと私は思っています。

とはいえ私も何でもポンポン捨てられるわけではありません。

捨てるときはありがとうの感謝を込めて捨てています。

私がそうしていることで、自然と子ども達もちょっと捨てるのに勇気がいるものは「ありがとう。」と言ってお別れをしています。

物を捨てられないという人は下記の記事も参考にしてくださいね。

捨てられない人は〇〇のズレに気を付けて1歩踏み出そう

物を捨てられない人は〇〇がすぐにズレてしまいます。このズレに気を付けて整理していくことで着実にお部屋も心もスッキリ整っていきます!捨てられない人が始めの1歩を踏み出していく方法をお伝えしています。

1-2譲る

2つ目の方法は譲るです。

小さくなった子ども服のお下がりを友人にあげる。

たくさんもらった野菜を食べきれないから近所の人にお裾分けする。

引越しでもう必要のなくなってしまった家電を知人に譲る。

皆さんも使わなくなった物、余っている物を人に譲ったことはあるでしょう。

私もまだ綺麗で十分使えるのに、自分や家族が使わない物をそのまま捨てるのはためらうことはよくあります。

その時はできる限り誰か使って喜んでくれる人はいないかなと探します。

以前ベビーラックをどうしようか考えたことがありました。

おそらく安全表示のマークなどの関係で売りに出しても引き取ってもらえない、捨てるとなると粗大ゴミになってしまう。

そこで私はダメ元で娘が通っている保育園にベビーラックを使わないか聞いてみました。

すると園で使っているベビーラックの1つが他の保育園から借りているものだったようで、譲ったことで大変喜ばれました。

他にも数回しか使っていないサラダスピナーをどうしようかと思ったときに、以前働いていた飲食店に聞いた際には小さいサイズのサラダスピナーが壊れかけていたところでとても助かると言われ有難くもらっていただきました。

その物をいるか、いらないかは相手が決める問題なので、この人に使ってもらえるかもしれないと思ったら取りあえず聞いてみるといいですよ!

1-3売る

3つ目の方法は売るです。

リユースショップ(リサイクルショップ)に買い取ってもらう。

メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどのネットオークションに出品して売る。

他にもフリーマーケットに出すなど物を売ることで減らす方法もあります。

手間を惜しまないのならフリマアプリやネットオークションの方がお店で買い取りしてもらうよりも一般的には高く値段がつくので良いと思いますが、物を手放すことが目的でしたらリユースショップに持っていった方が早いと思います。

とはいえ私も頻繁にリユースショップへ行けるわけではないので、1つリサイクル品を入れておくための箱は用意してそれがいっぱいになった時に出すようにしています。

また、箱を取っていた方が高く売れるからと電化製品やおもちゃの空箱でクローゼットや押し入れのスペースを取られているお宅もあります。

大事なのは物を売って得られるお得感なのか使いやすい収納や広い生活スペースなのか考えてみて下さい。

1-4リサイクルに出す

今は様々なショップでリサイクルできる物の回収を行っているように思います。

ユニクロ(ジーユーも含む)などのようにそのお店で買った品物を回収してくれる店舗もあれば、H&Mのようにどのブランドの衣類、シーツも回収OKというところもあります。

またイオンのリサイクルステーションでは古紙の回収も行っています。

ちなみに古紙は1kgにつき1WAONポイントがもらえるので、買い物のついでに私も利用しています。

マクドナルドでは回収期間が決められていますが、使わなくなったハッピーセットのおもちゃの回収を行っており、それが緑のトレイにリサイクルされるそうです。

自分の家で不要となったものをリサイクルで活用できるといいですね。

捨てるのもためらわれる、譲る相手もいない、売るのも面倒だという場合にはリサイクルに出せるかどうかも検討してみましょう。

2.物を減らすコツ

実際に物を減らすときにはいくつかのコツがあります。

ただ漠然と物を減らそうとするよりもこのコツを意識して物を減らすのでは結果が変わりますよ!

2-1何をどこからやるか

1日1捨というように1日に1つ家の中の不要な物を捨てていきましょうという考えもあります。

15分で27個捨てるというのを提唱している方もいます。

どちらのやり方も分かりやすいとは思いますが、これをやり続けると家の中の物を見る時にこれは捨てられるかなどうかな、ヤッター捨てられるもの見つけた!こんな風に「捨てる物探し」に夢中になってしまうのです。

捨てる物を探すのが目的ではなく、こんな暮らしがしたいという理想の暮らしを送るために物を減らすのです。

まずは明らかにゴミだと思う物を捨てましょう。

次に物が溢れてきて使いにくいと感じる物や場所から減らしていくと良いです。

その時のポイントですが、クローゼットが洋服でパンパンだったとすると、洋服の中でもTシャツだけ、ニットだけというように1つのアイテムを全部出してそこからもう着ない服を手放していきましょう。

もしくは引き出し1段、ポールの上段にかかっている物など区切られた範囲の中の全部を出して不要な物を減らしていきましょう。

そうすることで自然と物も整理されていくので、やればやるほど使いやすい状態になり生活スペースに余裕が出来ます。

2-2適正量を知る

紙袋は大、中、小それぞれ何枚ストックがあればちょうどいいだろう?

家に傘が何本あるといいだろう?

物を見る前に溢れているなと感じる物の適正量を考えてみましょう。

適正量が出たら、今度は家にあるものを見てどのくらいギャップがあるのか感じましょう。

例えば紙袋は大・中・小5枚ずつ計15枚くらいあればちょうどいいと思っているのに、実際には20枚ずつ計60枚あったとするとその差の45枚の紙袋を減らしていきます。

このように適正量から考えるのも物を減らすときの大事なコツです。

2-3減らすではなく分けるところから

物を減らそうと思うと手が止まってしまう、物が多いと思っていても中々減らせない人は一旦減らすと考えることをやめてみましょう。

代わりにどうするか。

頻繁に使っているものとそうでない物に分ける。

好きな物と嫌いな物で分ける。

減らすのではなく「分ける」ことをしてみましょう。

3.物を減らす効果

物を減らす方法とコツを知ってやってみると大きく5つの効果を得られます。

その中でも大事なのは何を1番自分が重視するのか、何のために物を減らしたいのか知る事。

物を減らすことではなく、物を減らした先にどんな暮らしをしたいのか考えていきましょう。

3-1物を減らすと得られる5つの効果

物を減らせば当然その物が置いてあった場所にスペースができます。

物を減らしてスペースができるとどんな効果があるか見ていきましょう。

①時間的効果

1つ目の効果は時間的効果です。

キッチンの調理台の上に調味料やスパイス、買ってきた食材、棚に戻していない食器、なぜか置いてある小物など物が多い状態で料理をするのと最低限のよく使う調味料だけ置いてある調理台で料理するのとどちらが効率が良いでしょうか。

もちろん後者の方が切った野菜を置いておけるスペースがあったり、鍋の蓋1つを置くにしても置き場所に迷わずすぐに置くことができます。

物を減らすことは家事などの時間短縮につながります。

また物が詰まっていてぐちゃっとしている引き出しの中と適度な物が整然と入っている引き出しではどちらが印鑑を見つけやすいでしょうか?

物を減らすと探し物にかかる時間も短縮できます。

このように物を減らすことで時間的な効果が生まれます。

②経済的効果

2つ目の効果は経済的効果です。

物を減らすことで、何をどのくらい持っているのか把握しやすくなること、1度物を減らしてしまうと必要以上に物を増やしたくなくなるので無駄な買い物が減ります。

物を減らすことはお財布にも優しいのです。

③安全的効果

3つ目の効果は安全面での効果です。

物が溢れてくると棚の中や押し入れの中だけに物が収まらいので、棚の上に段ボールを置いたり、冷蔵庫の上に物が置かれたり高い位置に大きなものが置かれるようになってきます。

そうすると地震が起きた時など非常に危険です。

また物が溢れて廊下や階段にも物が置かれる状態になってしまうと、物につまずいて転倒してしまう可能性も高くなります。

物を減らすことで安全面での効果も得られます。

④健康的効果

4つ目の効果は健康面での効果です。

物が減ると机の上をさっと拭くことが出来たり、棚の上や飾ってあるもののほこりもささっと掃除することができます。

また物が減ることで掃除をしやすい環境を作れるので、健康的な効果も期待されます。

⑤精神的効果

5つ目は精神的効果です。

これが1番大きいかもしれません。

物が多かったり、散らかっているとその状態を見るだけでイラっとしたり、モヤっとしたり、憂鬱な気分になることも多いと思います。

物を減らすとスッキリした気分になったり、穏やか気持ちになったりなどいつも自分がいたい気持ち、つまり私らしくいられるようになります。

家で毎日自分らしく過ごせたら幸せですね。

3-2何のために物を減らしたいのか

物を減らして得られる5つの効果のうちどれが1番得たい効果だと感じたでしょうか?

どのような理由からその効果を得たいと思いましたか?

何のために物を減らしたいのか、目的と意図をはっきりさせることが重要です。

お部屋がどのような状態になったらその効果を得られるでしょうか?

お部屋が理想の状態になってその効果を得られたらどんな気持ちになるでしょうか?

ここを考えないで物を減らそうとすると、手放すかどうか迷った物がでたときに、また使う時が来るかもしれないしまぁいいか、今日決めなくてもいいかとなっていき、そのうち物を減らすことが面倒になってやめてしまうケースがほとんどです。

物を減らすことが目的ではなく、物を減らした先にどんな暮らしをしたいのか、こちらにフォーカスしていきましょう!

物を減らすことでこんな効果が欲しいと思ってやってみると、気付けば5つ全部の効果を手に入れているはずです。

4.どうしても物を減らせない人へ

使わないのは頭では分かっているけれど、減らせない。

物を減らしているつもりなのに、むしろ物が増えてしまっているのではと思うほど変化が見られない。

自分1人では後回しにしてしまうのであれば整理収納のプロに自宅に来てもらって直接指導を受けながら、一緒に物と向き合い減らしていくことが、生活スペースにも心にも余裕ができる1番の近道です。

本や雑誌には書かれていない我が家の場合だったらどうしたらいいかを整理収納のプロと一緒に実際に自分の手を動かし整理をするので、どこに引っ掛かっていて物を減らせないのかが明確になります。

その原因が分かった上でどうしていきたいか、ご家族とどのような暮らしをしたいのか理想の暮らしをイメージしながら物を整理収納していきます。

私もお客様のご自宅に伺って一緒に整理収納作業をするディノスのお片付けコンサルティングサービスを行っておりますので、物を減らせなくてお困りの場合にはお任せください!

ディノスのお片付けコンサルティングサービス

こんまりこのディノスのお片付けコンサルティングサービスについてのページです。3時間コースと5時間コースをご用意しております。出張範囲は茨城県つくば市近郊とつくばエクスプレス沿線最寄り駅から徒歩圏内のお宅です。

5.まとめ

物を減らすには捨てる、譲る、売る、リサイクルするなどの方法があります。

自分にとって不要な物でも別な人のお役に立ったり、形を変えて再利用できるなど物を活かせるといいですね。

もし捨てる以外の選択肢がなければ、感謝の気持ちを込めて捨てましょう。

そうすることで温かい気持ちで物を手放せるようになっていきます。

物を減らすときには1つのアイテムまたは引き出し1段ずつなど限られた範囲の中の全部を出してその中から減らしていきましょう。

その時に適正量を意識すること、減らすが難しければ分けるを意識しながらやるのがコツです。

物を減らすと①時間的効果②経済的効果③安全的効果④健康的効果⑤精神的効果の主に5つの効果を得る事ができます。

物を減らしたいと思っている人は自分が何の効果を1番得たくて、何のために物を減らしたいのか、物を減らした先にどんな暮らしをしたいかが大事です。

ここが抜けてしまうと、減らす物探しになったり、今やらなくてもいいかと後回しになりやすいので注意をしましょう。

どうしても物を減らせないときはプロに自宅まで来てもらって一緒に整理収納をするのが1番の近道です。

物を大切にするとはずっと持ち続けることではなく、その物の役割通り使うことだと思います。

本当にしたい暮らしと現状を比べて物が多いと感じるのであれば、物を減らして生活スペースに余裕を作りましょう。

生活スペースに余裕が出来ると、心にも余裕が生まれますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

整理ライフ*メールレター

片付けなきゃなとは思うけれどいつも家事に育児に追われている。

オシャレな部屋に憧れるけれど、どうもいまいちパッとしない部屋。

もっとスッキリ整った部屋で家族と楽しく暮らしたいのに・・・

もっと自分の楽しみの時間だってほしい・・・

日々の生活の中でそう思うことはありませんか?

このメールレターでは、ほぼワンオペ育児で3人の子育て中の私が実践している

◆理想のお部屋に近づく物と空間の整理収納法

◆家事も育児も自分の時間も楽しむための時間の整理法

◆家族とハッピーに暮らすためのコミュニケーションのコツ

をお届けします♪

登録は無料なので、興味がある方は詳細ページをご覧ください。

 


メールレターの詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA