玄関の整理収納保存版|靴からレジャー用品までスッキリ収納

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

茨城県つくば市の整理収納アドバイザーこんまりこです。

玄関の扉を開けたら家族の靴があちこち散らばっている。

ランドセルや脱いだコート、届いた荷物が玄関に転がっている。

家に帰って来てほっとするどころかため息をつきたくなるようなことはありませんか。

宅配便の人が来たのに印鑑が見つからない!

出掛けるのに自転車の鍵が見つからない!

探しものが多くてバタバタしてしまう。

いつもどこに何があるか分かって、スッキリ整った玄関だったら気持ちがいいですよね。

今回は靴からレジャー用品まで玄関の物の整理収納をしてお家の顔を整えていきましょう♪

玄関の整理収納法の保存版ですよー!

1.玄関は家の顔

家の中をスッキリ綺麗にしたい。

でも忙しくて時間を取れないから、どこからどうやっていいのかと悩んでいる人は意外と多いのではないでしょうか?

そのような人にはまず玄関を整理することをおススメしています。

なぜなら玄関は家の顔であり家の中で1番重要な場所だからです。

人間の体で言えば脳とも関係があり、玄関を整えると頭がすっきりクリアになるので直観力が増します。

玄関は外と中をつなぐ場所であり、気の入り口ともされるので玄関がスッキリ綺麗に整っていることで良い気が入って家全体の運気が上がるとも言われています。

1-1玄関が散らかる原因

玄関は部屋に比べると一般的には狭い空間に靴や傘、掃除道具や子どもの外で遊ぶおもちゃなどが置かれているので雑多になりやすく、気を付けていないとすぐに散らかります。

スペースに対して物の量が多いことが原因の1つとして考えられます。

そうすると玄関に置かれている物の置き場所を決めることが難しくなり、どこに置いていいか分からないのでまた散らかるということになってしまいます。

また、家族の中に玄関を綺麗に使おうという人が少なければ、靴は揃えないし、取り敢えずと物を置くので散らかりやすくなります。

家族の行動を変えたくもなりますが、まずはいつも靴を揃える、買い物をしたものを玄関に置きっぱなしにしないなど自分が出来ることをしていきましょう。

玄関は家の顔です。

もし今玄関が散らかっているのであれば、何が原因で散らかっているのか考えてみてくださいね。

1-2どんな玄関にしたいですか?

家に帰ってきたときどんな気持ちでいたいですか。

ホッと安心した気持ち?

穏やかな気持ち?

出掛ける時にどんな気持ちでいたいですか。

爽やかな気持ち?

ワクワクする気持ち?

そんな気持ちになれる玄関ってどんな玄関でしょう?

まずは自分の得たい気持ちとそのためにはどんな玄関だったらいいのかイメージを膨らませていきましょう。

2.玄関の物の整理収納

理想の玄関と現状の玄関、ここのギャップを埋めていくのが整理収納です。

整理をしないまま玄関にあるものをどうしまうのか収納方法だけを考えると、本当は必要のない物を取り除かないで収納していくので失敗します。

まずは理想の玄関にするために今ある物を整理することが大事です。

2-1靴の整理収納

どこのご家庭でも玄関にある物といえば、靴!

靴の整理収納法をみていきましょう。

準備:適正量を知る

実際にに靴を取り出して整理を始める前に靴の適正量から考えていきます。

靴を何足持っているとちょうどいいですか?

私はパンプス2足、フラットシューズ2足、スニーカー1足、サンダル2足、ブーツ2足の計9足あるとちょうどいいです。

一方私の主人はサンダル好きなのでサンダルだけで7足、スニーカー4足、ビジネスシューズ2足、スポーツ用シューズ2足、登山ブーツ1足と計16足がちょうどいい適正量なのです。

適正量とは自分のライフスタイルに合った必要な物の量のことです。

持っていたい数が人と違ってもOKです。

ステップ1:全部出す

適正量を考えたらいよいよ靴を取り出して実際の作業に入ります。

始めのステップは靴を全部出すのですが、このときに下駄箱の靴を全て出してしまっては収拾がつかなくなります。

靴でしたら人ごとにやりましょう。

始めに自分の靴を全部出します。

靴が好きで50足、100足と持っている人はパンプスの全部、サンダルの全部というように決めた種類の中の全部を出しましょう。

ステップ2:分ける

続いて全部出した靴をパンプス、スニーカー、サンダルのように種類ごとにグループを作って分けていきます。

もしパンプスだけ出した人は色別、仕事用とプライベート用などグループに分けていきましょう。

グループに分けてみると自分が出した適正量と実際に持っている数のギャップが分かると思います。

グループが出来たら続けてそのグループの中から1つずつ手に取り要るか、要らないか分けていきます。

要・不要を判断するときの基準は「物の役割」と「私らしさ」です。

靴には”履く”という役割があります。

その役割通り履いていますか?どうですか?

それからこの靴を履くと私らしく心地良くいられますか?

まだ新しいけれど、かかとが痛くなる靴はたまに靴としての役割は果たしますが、履くたびに痛いな嫌だなと感じるならばそれは私らしくいられる状態でしょうか?

このようにまだ履けるか履けないかではなく、「役割通り履いているか」「この靴を履くことで私らしい気持ちでいられるかどうか」この2点を基準にして要・不要を分けましょう。

ここまで進んでまだ時間が取れるのであれば、準備の適正量を考えるところに戻り他の人の靴の整理を始めましょう。

家族全員の靴の整理が終わってから収納を考えていきます。

次の家族の分まで整理する時間をとれない場合は一旦元の靴が入っていた場所に必要な靴だけ戻しましょう。

不必要になった靴は手放しましょう。

ステップ3:置く

家族の靴の整理が終わったらいよいよここで収納を考えます。

靴を履く時に取り出しやすく、元の場所に戻しやすいことが収納の鉄則です。

収納を考える際には「しまう」よりも「置く」を意識すると良いです。

靴の収納のポイントです。

  • 取り出しやすく、元に戻しやすい
  • 人ごとに靴の置き場所のエリアを決める
  • 背が高い大人は下駄箱の上段に、背の低い子どもは自分でも出し入れが出来る低い段に置く
  • 使用頻度の高い靴は取り出しやすい位置に置く
  • 詰め込みすぎない。理想は下駄箱に対して8割程度に収める
  • 下駄箱のサイズが家族の人数に対して小さい場合には靴も衣替えをする
  • 便利グッズを使う時には、数がたくさん入ることより使いやすさを重視。

靴を置いている近くに靴のお手入れセットや靴べらも置けるといいですね。

2-2スリッパの整理収納

続いてスリッパの整理収納をしていきましょう。

準備:適正量を知る

スリッパは来客用と家族用に分けて考えましょう。

来客用のスリッパは男性用と女性用とそれぞれいくつあるとちょうど良いでしょうか。

家族のスリッパは人ごとに考えていきます。

全くスリッパを履かない人は0個、春夏用、秋冬用と季節を分けておきたい人は2つ、さらに細かくこだわりがあって使い分けたい人はもっと数が必要でしょう。

子どもの授業参観のときに持っていく携帯用のスリッパ、海外に行くときに持っていくスリッパが必要な方はそれらのちょうどいい数も自分で知っておきましょう。

ステップ1:全部出す

家にあるスリッパを全部出します。

ステップ2:分ける

来客用、家族用、携帯用とグループで分けていきます。

その後1つずつ手に取り「スリッパの役割通り使っているかどうか」「これを履くことで私らしくいられるかどうか」で要・不要を判断します。

来客用だったらお客様に履いてもらうときに気持ち良く履いてもらえるかどうかを基準に要・不要を分けていきます。

ステップ3:置く

スリッパは収納スペースに余裕があるなら、玄関スペースがスッキリ綺麗に見えるので棚の中にしまいます。

下駄箱が観音扉の場合は扉に100円ショップなどで売っているタオルハンガーをつけてそこに差し込むようにしてもいいですね。

毎日のように履くスリッパは手の届きやすいところに、たまにしか使わない来客用のスリッパは下駄箱の上段に置くなど使用頻度を意識しましょう。

玄関スペースが狭く、スリッパが棚にしまえない場合は邪魔にならないコンパクトなスリッパ立てに置きましょう。

来客用のスリッパ、オフシーズンのスリッパはファイルボックスに入れて靴箱の上段に入れる方法もあります。

2-3傘の整理収納

傘は家族それぞれ何本持っていたらちょうどいいですか?

傘も適正量から考え、全部出す、分ける、置くの3ステップで整理収納をしていきます。

まだ使える、使えないではなくこの傘をさしたいかどうか私らしさと傘の役割通り使っているかを基準に要・不要を判断しましょう。

折り畳み傘や日傘、レインコートも玄関にある場合には一緒に整理していきましょう。

折り畳み傘はフックにかけて吊るす、トレイや小物入れの引き出し、ファイルボックスにいれて収納すると良いと思います。

傘立ては雨の日だけ出すようにして、普段はしまっておく方が運気アップになるそうですよ(#^.^#)

2-4鍵の整理収納

鍵は玄関に置いていますか?

レッスンなどで聞いてみると玄関に鍵を置く人と置かない人とちょうど半分ずついるような印象です。

私は家と車の鍵は自分のタンスの引き出しに置いていますが、自転車の鍵は玄関に置いています。

鍵の置き場所は玄関でなくても自分が忘れにくく、探さないでぱっと出掛けるときに取れる場所に置いてあれば良いと思います。

鍵が玄関の棚の上に置きっぱなしにいつもされている場合には、鍵の置き場所や置く方法が悪くないか、面倒でないかチェックしましょう。

以前使っていた自転車の鍵、前の家の鍵などもう使うことのない鍵は処分しましょう。

2-5掃除道具の整理収納

せっかく玄関がスッキリしても掃除道具が出しっぱなしだと台無しです。

掃除道具は玄関収納や下駄箱の扉の内側にフックをつけて吊るしておく方法がおすすめです。

頻度の高いほうきや塵取りは手前に、たまにしか使わないデッキブラシなどは奥に置くなど使用頻度を意識しましょう。

我が家は庭に背の高い物置がないので、芝刈り機や雪かき用のスコップも玄関収納に入れています。

2-6外遊び用のおもちゃの整理収納

子どもが外で遊ぶおもちゃも玄関に置いてあるご家庭は多いですね。

保育園児から中学生まで家には3人の子どもがいるので、お砂場道具からシャボン玉、縄跳び、サッカーボール、一輪車にスケボー、バドミントンのラケットなどたくさんあります。

シャボン玉や縄跳び、水鉄砲などは気付けば増えていることが多いです。

シャボン玉セット、お砂場セットのようにグループ化しておくと、遊ぶときにも戻すときにもラクラクです。

収納スペースが溢れてきた時、遊びたいものがすぐに取り出せなくなってしまったときには整理をしましょう。

小学生のお子さんしかいないのに三輪車がまだ置いてあるお宅もあります。

こどもの外遊び用のおもちゃは遊ぶ時期が過ぎたら手放しましょう。

2-7お出かけグッズの整理収納

玄関にコート掛けやバッグ掛けが置いてあるお宅も多いですね。

そこに冬だったらマフラーが掛かっていたり、バッグ掛けにもバッグや子どものポシェット、帽子が掛かっていたりします。

コート掛けやバッグ掛けが家のドアを開けてすぐに目に入るとごちゃごちゃした印象を受けます。

コート掛けの類は置かない方が玄関が広々して見え良いですが、どうしても他に置き場所がない場合には目立たない場所、そしてよく使う物だけ掛けるようにしましょう。

うちは主人が花粉症なのでその時期だけ玄関にコート掛けを置きますが、それ以外の季節は玄関には置きません。

玄関クローゼットがあるお宅はここにお子さんの通園バッグ、ハンカチ、ティッシュ、マスク、自転車用のヘルメットを置いてもいいですね。

2-8防災用品の整理収納

防災バッグを玄関に置いているお宅もあると思います。

防災バッグの中にはお水や食品も入っていると思いますし、お子さんが小さいうちはオムツを入れていたりしていると思います。

そのため年に1回は防災バッグの中の物も全部出して、整理していきましょう。

2-9レジャー用品の整理収納

レジャーシート、折り畳みイス、ピクニックテーブルなども玄関に置いてあると便利です。

外に物置きがなく、玄関に土間収納があるお宅はここにクーラーボックスやバーベキューコンロなどアウトドア用品を置くといいですね。

またゴルフセットも重いので入るなら玄関収納に入れてしまいましょう。

2-10その他の物の整理収納

ここまで見てきて分かるように玄関には様々な物が置かれています。

その他にも印鑑があったり、ベビーカーがあったり、食品の宅配の発砲スチロールのボックスが置いてあったり、ゴミに出す段ボールや読み終わった新聞紙を置いているご家庭もあると思います。

様々な種類の物が狭い空間にあるので、雑多になりやすいです。

玄関は家の顔ということを忘れずに、スッキリと使いやすい玄関にしていきましょう。

3.玄関をスッキリ綺麗に保つコツ

玄関の物の整理収納をした後は日々整理整頓、掃除をしていきます。

玄関をスッキリ綺麗に保つコツをご紹介します。

3-1靴箱の上は花とお気に入りの小物だけ

靴箱の上はちょうど物を置くのに非常に置きやすい高さになっています。

置きやすい分、郵便物を取りあえず置いてしまったり、届いた小さいサイズの荷物を置いてしまったり、印鑑を出しっぱなしで置いたりと注意をしていないとあっという間に散らかります。

そのためには「とりあえず」何か置こうとしたときに自分で「待った!」をかけましょう。

一時的に置いてもすぐにあるべき場所へ戻しましょう。

靴箱の上に物が散乱しないためには生花やプリザーブドフラワー、お気に入りの小物、家族写真など帰ってきてホッとする気分になる飾りを置きましょう。

掃除が大変になり、ほこりがたまりやすくなるので飾りの置きすぎには気を付けて下さいね。

3-2夜の整理整頓と朝の掃除でスッキリ綺麗をキープ

自分では綺麗な玄関を意識しても、家族が全然気にしなければ子どものランドセルが置きっぱなしになっていたり、外遊びのおもちゃが出しっぱなしになっていることはありますね。

靴も揃えるように自分だけが気を付けていても、靴があちこち散乱しているなんてよくあることです。

もし自分がその状態が嫌なら、夜にささっと物を元に戻して、靴も下駄箱へしまいましょう。

毎日ちょこっとやることで物がたまらないので数分もかからず出来てしまいます。

朝は玄関と玄関回りを掃いて、靴箱の上を拭きましょう。

朝掃除をすることで玄関がきれいになるだけでなく、心も清々しさを感じると思います。

汚れが目立った時や時間があるときは玄関タイルをデッキブラシで掃除をしたり、靴箱の中、玄関ドアの掃除をすると良いでしょう。

4.玄関収納が自分では上手くいかない方へ

自分でいろいろ試してみたけれど、上手くいかない。

玄関に置きたい物がたくさんあるけど、収納スペースがない。

そのような場合は整理収納のプロに自宅に来てもらうことがいつでも気持ちの良い玄関を保てる1番の近道です。

整理収納のプロと一緒に自分の手を動かし物を整理をすること、どこに何をどうやって置いたら自分たち家族にとってベストなのかが分かります。

私もお客様のご自宅に伺って一緒に整理収納作業をするディノスのお片付けコンサルティングサービスを行っておりますので、玄関の整理収納にお困りの際にも対応できます!

ディノスのお片付けコンサルティングサービス

こんまりこのディノスのお片付けコンサルティングサービスについてのページです。3時間コースと5時間コースをご用意しております。出張範囲は茨城県つくば市近郊とつくばエクスプレス沿線最寄り駅から徒歩圏内のお宅です。

 

5.まとめ

玄関はお家の顔とも言われるとても重要な場所です。

玄関を整えることで良い気がもたらされ、運気が上がるとも言われています。

家に帰ってきたとき、これから出かけるときどんな玄関だったらいいでしょうか?

理想の玄関のイメージを膨らませてから実際の物の整理収納を始めます。

玄関は狭い空間に対して様々な物があり雑多になりやすいので、靴、傘、掃除道具のように1つずつ整理をして収納していきましょう。

靴箱の上には家に帰ってホッとする飾りを置くといいですね。

物の整理収納が終わったら、今度は整理整頓と掃除でスッキリ綺麗な玄関をキープします。

どうしても自分では上手くいかないときは整理収納のプロにご相談されることをおススメします。

玄関はお家の顔、いつもきれいに整えていきましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

整理ライフ*メールレター

片付けなきゃなとは思うけれどいつも家事に育児に追われている。

オシャレな部屋に憧れるけれど、どうもいまいちパッとしない部屋。

もっとスッキリ整った部屋で家族と楽しく暮らしたいのに・・・

もっと自分の楽しみの時間だってほしい・・・

日々の生活の中でそう思うことはありませんか?

このメールレターでは、ほぼワンオペ育児で3人の子育て中の私が実践している

◆理想のお部屋に近づく物と空間の整理収納法

◆家事も育児も自分の時間も楽しむための時間の整理法

◆家族とハッピーに暮らすためのコミュニケーションのコツ

をお届けします♪

登録は無料なので、興味がある方は詳細ページをご覧ください。

 


メールレターの詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA