整理収納基本のやり方|簡単3ステップをマスターしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

茨城県つくば市の整理収納アドバイザーこんまりこです。

私は小さい頃からインテリアや雑貨に興味があり、よく家具の配置を変えて模様替えをしたり、お気に入りの雑貨を見つけて買っては出窓に飾ったりしていました。

ところが片付けだけはどうも苦手で、教科書やプリントは基本床に積み重ねて置いている状態。

衣装ケースの上は洋服が山積みの状態。

母からは「いくら模様替えをしても、雑貨を並べても、片付けしなかったら部屋は良くならないわよ!」といつも小言を言われ続けていました。

そんな私も結婚をし、子どもが生まれると仕方なく日々お片付けをするものの、片付けても片付けても片付けが終わらない状態に悩まされていました。

このままでは嫌だと引越しを機に整理収納と出会い、片付けをやめて整理収納をしたことで初めてスッキリ整った部屋を手に入れることが出来たのです!!

整理収納をすると探し物をする時間、物を管理する時間が減り本当に使いたい事に使える時間が増えます!

無駄な買い物が減り、本当に必要なもの、欲しいものが明確になり経済的効果もバッチリ!

そして何より部屋が散らかっている事でのストレスが減り家で心地よく過ごせるように!

整理収納と聞くと小難しく感じるかもしれませんが、基本の3ステップさえ押さえれば誰でも出来てしまいます。

今回は簡単3ステップで出来る整理収納の基本のやり方をマスターして、スッキリ整った部屋を手にいれましょう♪

 

1.整理収納はどこから始めるのか?

さぁ部屋をスッキリさせよう!と意気込んでみたもののえーっとどこから始めていいのやら・・・

まぁ今日じゃなくてもいいかと後回しにしていませんか?

部屋をスッキリさせたいと思って、やみくもに整理収納を始めようとしても上手くいきません。

整理収納を進めるためには「何のために整理収納をするのか」と「どこから始めるか」が重要です。

ここを確認してから始めていきましょう。

1-1何のために整理収納をするか、まずは考えてみよう!

欲しいものがあるからそれを手に入れるために買い物に行く。

連絡したいことがあるからメールする。

人の行動には必ず目的と意図があります。

整理収納も同じです。

何のために整理収納をしようと思っているのか、まずは目的と意図をはっきりさせましょう。

いつも穏やかな気持ちで過ごすために、ダイニングにたまっている書類を整理しよう。

朝、余裕を持って出かけたいから探し物をしないために引き出しの中の整理をしよう。

こういう気持ち、状態を手に入れたいから、そのためにどこを整理収納するか言葉に出して何のために整理収納をするか考えてから始めましょう。

何のためにやっているかが抜けてしまうと、今じゃなくていいかと後回しになってしまいます。

1-2整理収納はどこから始めるのか

整理収納を上手く進めていくにはどこから始めるかが大事なポイントです。

難易度の高いところからいきなり始めてしまうとすぐに挫折してしまうので気をつけましょう。

整理収納を上手く進めるためには

  • 狭い空間・場所(玄関、トイレ、洗面所、引き出し1段、棚1段など)
  • よく使う物(調理器具、食品、文房具など)
  • 自分が管理しているもの(衣類、スキンケア・メイク用品など)

この3点を意識して自分にとって緊急性が高くかつ重要なところから始めていきましょう。

 

2.簡単3ステップ!整理収納基本のやり方

何のために整理収納をしたいのか、そしてどこからやるかを決めたら早速取り掛かりましょう!

整理収納はたったの3ステップ!

①全部出す②分ける③置くです。

この3ステップはどの物にも使えます。

それぞれのステップのポイントを押さえて、整理収納の基本のやり方をマスターしていきましょう。

2-1全部出す

ステップ1は「全部出す」です。

全部出すとは1つのアイテムまたは引き出し1段、棚1段のように区切られた範囲の中の全部を出すということです。

その時に引き出しでも、棚にしまってあるものでもそのままで見えるから大丈夫と思っても一回ばさーっと全部出して下さい。

出してみてどのくらいの量を持っているか自分の目で見て把握することが大事です。

間違っても洋服を整理したいからといってクローゼットの中の洋服を全部出す。

食器棚を整理したいからと食器棚の中を全部出すということはしないでください。

特に自分1人でやろうとしているときには収拾がつかなくなってしまいます。

食器棚を整理したいと思うならカトラリーだけ、コップだけ、平皿だけのように1つのアイテムまたはこの棚1段だけのようにある区切られた範囲の中の全部を出していきましょう。

2-2分ける

ステップ2は「分ける」です。

分け方には2種類あります。

1つ目は全部出したものをグループごとに分けてから要・不要に分ける方法。

2つ目は全部出したものを要・不要に分けてからグループごとに分ける方法。

どちらが先でも構わないので、その物によって自分がやりやすいと思う方で進めていけばOKです。

この分ける作業は始めは難しく感じる部分でもありますが、”何のために”やっているかを意識してやっていきましょう!

「分ける」が終わると手元には自分にとって必要なものがグループごとに分けられている状態になります。

2-2-1グループごとに分ける

ステップ1で全部出したもの、またはステップ2の要・不要で分けたものをグループごとに分けていきます。

  • アイテム(文房具の中のペン、定規、メモ帳、クリップ…のように分ける)
  • サイズ
  • 使用頻度(毎日使うもの、週1回使うもの、月1回使うもの、数カ月に1回使う、年に1回使うなど)
  • 使用時期(夏物、冬物)
  • 人ごと

その物に合わせてグループに分けていきましょう。

2-2-2要・不要で分ける

ステップ1で全部出したもの、またはステップ2のグループごとに分けたものを1つずつ手に取り、要・不要で分けていきます。

ここで必要なのが要・不要を分ける基準です。

私がおススメしている分ける基準は

  • 物の役割
  • 私らしさ

この2つです。

1つ目の基準は物の役割です。

ペンだったら「書く」コップだったら「飲み物を飲む」というように物にはそれぞれ本来持つ役割があります。

その物の役割通り使っているかどうかで要・不要を判断します。

コップは飲み物を飲むという役割があるのに、食器棚の奥にずっと放置されているのは役割通り使っているといえるのでしょうか?

まだインクはあるけれど引き出しの底に転がっているペンは書くというペンの役割通りを果たしていますか?

役割通り使っていないものは思い切って手放してみましょう。

2つ目の基準は私らしさです。

これを持っていることは私らしいかどうかで判断します。

私らしいとは自分がいつもいたい気持ち・状態でいられるということです。

いつも楽しくワクワクした気持ちでいたいなら、このペンを持っていることでその楽しくワクワクした気持ちを得られるかどうかで要・不要を判断します。

いつも優雅でエレガントな気持ちでいたいなら、そんな私がビールのおまけでついてきたグラスでお酒を楽しみたいかな?

このように1つずつ手に取り私らしかどうかを自分に問いかけながら要・不要を判断します。

そのためにはまずどんな気持ちや状態でいつもいたいかを知ることが必要です。

2-2-3賞味期限BOXの活用

役割通りに使っていないのは分かっている、でもまだ持っておきたい。

私らしいかどうかは難しいところ、うーん判断できない。

まだ使いたいと思うかもしれないし。

迷って考えこんでいても時間が経過するだけです。

どうしても迷って要・不要を判断できないときには一旦保留にしましょう。

この保留の物を入れるのが賞味期限BOXです。

名前の通りこの箱に入れる物には半年、1年など自分で賞味期限をつけます。

自分で決めた期間に使わなければ手放します。

私は何をいつ賞味期限BOXに入れたかを忘れてしまうので、賞味期限BOXが溢れたときと、毎年6月と12月にこの賞味期限BOXを整理しています。

2-2-4思い出BOXの活用

自分が頑張った証のようなもの、結婚式のアルバム、大切な人からもらった手紙、日記など思い出の品は役割通り使っているかどうか、今の私らしいかどうか関係なくずっと持ち続けていたい大切な物だと思います。

そのような思い出の物に関しては普段よく使うものとは分けて、思い出BOXを作り保管しておくことをおススメします。

その際はあれもこれも思い出だからといって保管しておいてはどんどんスペースがなくなっていきます。

また言ってしまえば物がなくても大切な思い出は心の中に残っていると思いますので、思い出BOXは1つだけ用意すると良いでしょう。

2-3置く

ステップ3は置くです。

ステップ2で分けるをすると手元には必要な物がグループ化されてある状態になります。

それを今度は取り出しやすく、戻しやすいように置いていきます。

一般的にはこのステップを収める、収納すると言いますが、どうしても収納する、しまうというと詰め込みたくなったり、収まればOKのようになってしまいやすいので、私はあえてここを「置く」としています。

引き出しの中に置く。

棚の中に置く。

「使いやすく置く」を意識していきましょう!

物を置く時のポイントはたくさんあるのですが

  • 引き出しは上から見て何が入っているか一目で分かるように
  • 棚は正面から見て何が入っているか一目で分かるように

まずはここだけ抑えておきましょう。

それから詰め込みすぎないように1つのスペースに対して7割から8割の量の物を置くことも大切です。

 

3.整理収納基本のやり方3ステップの実例

整理収納基本の3ステップをカトラリーの実例で具体的に見ていこうと思います。

ステップ1全部出す

引き出しの中のカトラリーをばさーっと出します。

引き出し以外にある場合にはそれも合わせて出します。

 

ステップ2分ける

今回はカトラリーなので始めにお箸、ナイフ、スプーン、フォークのようにアイテムごとのグループに分けました。

次に要・不要を分けていきます。

要・不要を分ける基準は「物の役割」と「私らしさ」です。

カトラリーの役割は食事をするための道具です。

このお箸は短くて食べにくいんだよなと思って、ずっと使われていないお箸はお箸の役割を果たしているとは言えません。

もう1つの役割は私らしさ。

ここに2つのフォークがあります。

左側のフォークはシンプルで直線的なデザインです。

右側のフォークは持ち手に装飾がありエレガントさを持っています。

サイズはほぼ同じなのにそれぞれのフォークの印象はだいぶ異なります。

このフォークを使うことで私らしい気持ちでいられるかどうかで判断します。

私自身はいつも清々しくもあり、じんわり温かい気持ちでいたいと思っています。

そのため私はシンプルなんだけれどデザインの美しさを感じる物、シンプルなんだけれど素材から温かみを感じられるものが好きです。

今回のフォークでいったら左側のフォークを使うことが、食事をしているときに私らしい気持ちでいられるので私にとっては必要なものです。

一方右側のフォークを使うと食事をしているときに私らしい気持ちを得られないので私にとっては不要な物になります。

ただここで注意しなければいけない点は家族で使う物の場合には家族の意見も聴いて擦り合わせをする必要があります。

このようにしてステップ1で出したカトラリーを分けていきます。

こうして言葉に出すと大変そうに感じるかもしれませんが、慣れてくると判断するスピードが上がってくるのでその物を手に取りパパっと判断できるようになります。

 

ステップ3置く

ステップ2で分けたものを今度は置いていきます。

カトラリーは高さがあまりないものなので、置き場所として浅めの引き出しがおススメです。

すぐに目的のものを取り出せるようにアイテムごとに仕切って置く。

来客用、子どもがもう少し大きくなったら使うものなど使用頻度が低いものは引き出しの奥の方に置き、普段よく使うものは手前に置きます。

まだ入るからと入れすぎず、自分の家族にとってのちょうどいい数のカトラリーを置いていきましょう。

 

4.整理収納後の注意点

整理収納が出来たとしても、物はずっとそこの場所にとどまっているわけではありません。

物を使う事も、捨てる事も、増える事もあります。

またライフスタイルの変化によって物の使い方も変わっていきます。

整理収納出来たからOKではなく、整った状態をキープできるように整理収納後も気を付けていきたい点をお話ししていきます。

4-1使ったら戻す整理整頓を

物を使っても戻さなければ当然散らかっていきます。

使ったら戻す、出したら戻すの習慣化が大事です。

何かするときは後片付けの時間までを考えてスケジュールに入れていきましょう。

生活していてもう使わないかな、もういいかなと思ったものは定期的に手放す習慣をつけていきましょう。

物を整理収納したら日々整理整頓です!

4-2出しっぱなしが続くとき

使ったものが出しっぱなしになっている状態が続いている時、自分は出来ていても家族が物を使った後に出しっぱなしになっているとき。

1つは元に戻すということがすっかり抜けていて、すぐに違うことをやり始めてしまうことが原因の1つです。

その場合には前述したように、とにかく出したら戻せるように何か手立てを考え戻すを意識する以外に方法はありません。

2つ目ははどこに戻していいか分からない場合です。

物には必ず置き場所を決めましょう。

物の置き場所が決まっているのに家族が出しっぱなしにしている時は、家族がどこに戻していいのか分からない可能性が高いです。

この場合は置き場所を決めたとき、置き場所を変更した時は家族にもそれを伝えましょう。

3つ目は置き場所や置き方が合っていない可能性が考えられます。

物を基の場所に戻すのが面倒に感じた時は特にこの可能性が高いです。

置き場所や置き方の見直しをしていきましょう。

4-3物が溢れたとき

例えば本棚を1回整理して収納スペースに対して7、8割の量にしても、どんどん本を買っていけば、その内本が棚に入らなくなって溢れてくるのは容易に想像できると思います。

物の量>スペースになれば物が溢れてきます。

物が溢れてきたと時は整理をするタイミングです。

またステップ1から整理収納をやっていきましょう。

中途半端にやると結局すぐにリバウンドしてしまいます。

溢れる前に日頃から不要な物は手放す習慣をつけていけるようになるといいですね。

 

5.まとめ

整理収納をすることで物を取り出しやすく、元に戻しやすくなり、部屋も整ってくるので快適に暮らすことが出来るようになります。

整理収納の基本のやり方は①全部出す②分ける③置くの簡単3ステップです。

狭い空間、よく使うもの、自分の物など難易度の低いものから取り掛かりましょう。

引き出し1段、棚1段からでも少しずつ進めていくと確実に部屋も心も変わっていきます。

ただ気を付けてほしいのは部屋をスッキリ整えることがゴールではありません。

何のために整理収納をしてどんな暮らしをしたいのか、いつもどんな気持ちで家で過ごしたいかを明確にして、その暮らしを手に入れるために整理収納を始めてみてくださいね!

整理収納をしたら今度は日々整理整頓です。

整理はいつも自分がいたい気持ちで私らしく暮らすための最強ツールですよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

整理ライフ*メールレター

片付けなきゃなとは思うけれどいつも家事に育児に追われている。

オシャレな部屋に憧れるけれど、どうもいまいちパッとしない部屋。

もっとスッキリ整った部屋で家族と楽しく暮らしたいのに・・・

もっと自分の楽しみの時間だってほしい・・・

日々の生活の中でそう思うことはありませんか?

このメールレターでは、ほぼワンオペ育児で3人の子育て中の私が実践している

◆理想のお部屋に近づく物と空間の整理収納法

◆家事も育児も自分の時間も楽しむための時間の整理法

◆家族とハッピーに暮らすためのコミュニケーションのコツ

をお届けします♪

登録は無料なので、興味がある方は詳細ページをご覧ください。

 


メールレターの詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA